So-net無料ブログ作成
検索選択

浮遊感(Anacatesthesia)

2DSCN0277.jpg

そもそも、
ふわふわしているし、
ふらふらしているのは自覚済みなのだが。

異国に渡航した折りには
更に自分の拠り所が霞んでしまう。
見知らぬ路地を彷徨う中に
聴覚、臭覚、視覚は研ぎ澄まされて、
国籍など立ち消え行くのだ。

バリ島に次ぎ、台湾渡航。
連続で浮遊感に浸った為か、
地元の人に普通に道を尋ねられたり
(何を訊かれているのかさえ理解不能)
物売る人に「アニョハセヨ」と声を掛けられたり
(旅立つ直前の断髪にておかっぱ頭になった所為か)
只、そのような事があるということは
その旅が良い旅であるという証明のような気がする。

良い旅は人知を超えた偶然を呼ぶ。
何を食そうかと思案しながら
当ても無く散策せし通りにて
現代美術を扱うギャラリーに巡り合う。
古い建物を改築した立ち姿の美しさと
通りから見えた何点かの作品が気になり
扉の内へ。
空間も作品も良く、満足と共に鑑賞していると
ギャラリー職員が次回展覧会のフライヤーをくれる。

見た事のある作品。
なんと大学時代の恩師の展覧会。

台北ばかりでは面白くないので
今回は台南も訪ねてみようと、
これも何の根拠も無き気まぐれ。
途轍もなく広き世界の内の
まあまあ広い台南に於いてのピンポイント
良い旅の確信と浮遊感は最高潮。
残念なことに明後日には帰国予定であり、
本人にも作品にも触れ得ぬし
自国に放置せし煩雑な日常は現実。
ふわふわとふらふらを最大限駆使し、
疎ましき諸事を無かった事にしようとするも、
今現在、自国にて現実に対処するのに
違う意味でふらふらになる私。

 

「本当の旅人とは、決まった計画など持たず、
 どこかに辿り着こうという執着も持たないものだ。」
 by 老子

 

B.B.ART TAINAN 

http://boylondon.pixnet.net/blog/post/89515159-%E5%8F%B0%E5%8D%97%E2%80%A7%E4%B8%AD%E8%A5%BF%E5%8D%80-b.b.art 

 

In the first place, I have no presence of mind,
and keep changing my mind always.

When I make a voyage to the foreign country,
my support is veiled.
While I wander in the unknown alley,
hearing, smelling, the sight are subtilized,
and the nationality goes off.

I made a voyage to Taiwan next to Bali.
Is it because I indulged in a feeling of anacatesthesia?
I was asked the way by a local person routinely.
(I could not understand what she ask about.)
I was greeted "ANYOHASEYO" by a local vender.
(Probably because I had cut my hair
 right before I left and became the bobbed hair head.)
But It having possibilities to look like these,
I feel it's the proof that the trip is good one.

The good trip causes chance beyond the human intelligence.
I came across the gallery which handled contemporary art
in just what I took a walk without an expectation
while considering what to eat.
I went in the door of a gallary that rebuilt an very old building
becouse it stood with a good figure
and I was worried about some works can be saw from the street.
Both the space and the works were good,
and the gallery staff gave me the fryer of the next exhibition
when I appreciated it while being satisfied.

It's the work which I have watched.
What a such thing.
It was an exhibition of the professor of university student days.

I decided it without any grounds to visit Tainan this time
only in Taipei few times because it was not interesting.
The conviction of a good trip and
my anacatesthesia became at the climax
by the pinpoint in Tainan intermediately large
In the world that is large without a step.
Unfortunately I was going to go back to my own country
the day after tomorrow and could encounter neither him nor his works.
In addition,
the complicated daily life that I left at home was reality.
Though I am going to forget disagreeable all affairs
by making full use of no presence of mind,
and keep changing my mind maximum,
I have no presence of mind in a different meaning
at home as of now to deal practically.

 

”A good traveler has no fixed plans and is not intent on arriving.”
 by Lao Tzu


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 2

荒木理衣

こんばんは(´・ω・`)

この記事すごい好きです!

そういえば、先日長田くんと話していて
Pimo先生好きやから現役って聞いてテンション上がったって言ってましたよ♪

長田くんは東京でフォトグラファーの修行中です(笑)
by 荒木理衣 (2013-10-09 00:05) 

PIMO

ありがとう!
気に入ってくれて嬉しいよ。

懐かしー!長田!!がんばってんやな。
しかし、現役って・・・
そろそろ定年視野に入れなあかんのやろか・・・(笑)
と、諦念。
そげな事でテンション上げてくれるだけで嬉し!
儂もテンション上げてくでー。
老体に鞭くれつつ。(泣)
by PIMO (2013-10-09 17:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。