So-net無料ブログ作成
検索選択

Punk

w&b.JPG

その人とは地下鉄のホームですれ違った。

初老である。
おそらく、ランバンあたり、
高級そうなスーツ。
黒き光沢を放つモンクストラップの革靴。
それだけであれば
彼に気付きもしなかったであろう。

驚愕すべきは
マッシュにカットされた頭髪のカラーリングである。

パンクだ。

が、

まるでパンダだ。

頭頂より中程までが純白。
に対し、
鉢まわりが漆黒なのである。

尋常では無い違和感だ。

地下鉄車両に乗り込み、
何故、件のダンディ・シニアが
珍奇なパンキッシュ・ヘアカラーを
選択するに至ったかに思いを巡らす。

3つ目の停車時、気付いた。

「なんやねん!!
 白髪染め辞めてる最中なだけかーい!
 何処がパンクやねんっ!」

が、しかし

偽りの自分を捨て去り、
本来の自分を取り戻すために
人目も違和感も憚らぬは
やはりパンクである。

そのダンディズム真似たし。
そのパンクスピリッツ見習いたし。

よし。

総白髪に憧れて、生えるに任せていた
白髪を染めてやるぞ。
(パンク・パンダ化する為に)

自分もパンク爺に成り上(下)がってやるぞ。

と、
思い立ち
7つ目の停車に降り立つ。

ウォークマンのイヤーフォンより
音漏れする町田町蔵の声。

「フェイド・アウト」 
 by INU

 https://www.youtube.com/watch?v=RQ1izgI6prQ

 "Fade out"
 by INU

I passed the person at the home of the subway.

Past middle age.
Probably it will be an LANVIN or some,
The suit which seems to be high-quality.
Leather shoes of Monk strap giving off black luster.
If it was all of him, I would not notice him.

Being astonished,
It is coloring of hair cut in mash.

It's punk.

but,

It's totally like the panda.

From the top of the head till the middle is snow-white.
In contrast,
Around the head side is jet black.

It is few sense of incongruity at the ordinarily.

after getting in a subway vehicle.
I think why that dandy senior came to choose
the rare punkish hair color.

At the time of the third stop, I noticed.

"What the heck!!
 It's the middle leaving from Hair dye!
 It's never be a punk!"

But,

Throwing away oneself false to regain oneself true,
After all it's a punk mind
neither the public eye nor the sense of incongruity.

I want to imitate the dandyism.
I want to follow the punk spirits.

Right,

I dye the white hair which I left with growing
because attracted by total white hair.
(To become a punk panda)

I will become up (down) the punk grandpa,too.

I think so and get down on the seventh stop.

A voice of Machizo Machida that a sound leaks
from an ear phone of my Walkman.


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 2

荒木理衣

パンクス!

久しぶりにBRAHMAN聴いておりました(^^)

by 荒木理衣 (2014-04-05 19:43) 

PIMO

おっ!BRAHMANもええなあ。
町蔵は知ってたかな?
by PIMO (2014-04-08 19:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。