So-net無料ブログ作成
検索選択

過剰至上主義(The principle of excessive supremacy)

2DSCN0078.jpg

つい過剰になってしまう。

程々にしておけば良いものの、
我慢出来ぬは自分の資質(タチ)であろうか。

例えば、煙草。
止めるか、呑むかのどちらか。
身体に悪いからと言って、
軽いものを選択するなどという発想が出来ぬ。
止めるなら、皆無。
呑むのであらば、
タール、ニコチン濃度の出来る限り高いものを選択。
増税上等。止める気など皆無故、
寿命は縮みゆきつつあるのであろう。

酒、然り。
ほろ酔い、上機嫌のうちに
止めれば良いものを、
泥酔まで行き着かねば我慢出来ぬので、
翌朝、見つけ得ぬ前夜の記憶に慄き、
後日知らされる失態の為、自己嫌悪に陥る。
同じく、止める気皆無故、
失われた記憶探しと自己嫌悪のリピート。

喫煙にしても、
飲酒にしても、
物理的過剰だけならまだ良いが、
質(タチ)が悪いのは、精神的過剰である。

例えば、

物事には徹底的に関与するか、全く触れぬかの一方。
人間には深く愛するか、憎悪するかの一方。

そつ無くこなしたり、
お茶を濁したり、
中道を行ったり出来ぬ。

結果、
当然、
世界との衝突は避け得ぬ。
征服する程の強大な力を持ち合わせているのならいざ知らず、
非力故、
本業に喧嘩売るヤンキーの如く、
レーサーに挑む暴走族の如く、
ぼっこぼこである。

消えぬ痣と
口腔内に溢れる血の味は、
自分の業である。

業であるよなあ。

突っ伏し、
今宵も

思案の中に迷走。
紫煙の中で酩酊。

 

「過剰に何かが欠けているのも才能のうち。」

 by 糸井重里

 

I become just superabundant.

Is it my nature that I cannot endure it
although should keep it within bounds?

For example, it's cigarette.
Either which I smoke, or never.
Because is bad to a body,
I cannot consider choosing a one low tar and nicotine.
If I stop it,never.
if I smoke I choose one as high as possible of the tar and nicotine density.
Fuckin' tax increase.
Because there is not at all mind to stop smoking,
so my life will be shortened.

Also the alcohol.
I should stop it in slight intoxication and high spirits,
I shudder with lost memory of the previous night on the next morning,
I fall into self-hate for a blunder to be informed later
because I cannot endure it when I do not get dead drunken.
Also because there is not mind to stop,
so repeat of search for the lost memory and self-hate.

Even if smoking or drinking,
Only a physical surplus is still better.
Big problem is a mental surplus.

For example,

One way which I never touch at all,
or I participate in things thoroughly.
One way which I love a human being deeply, or I hate.

I can't handle it without a mistake and, deceive it
and stop it in a just right place.

an inevitable result,
I can't avoid colliding with the world.
Because it is good if I have big power as I conquer it,
but I'm too powerless to do it.
Like a hooligan who picks a quarrel with a Mafia,
like a motorcycle gang challenging a racer,
it's a crushing defeat.

the taste of blood overflowing in my bruise,
and the oral cavity which do not disappear,
it's the charge of myself.

While falling on its face with thinking it's my charge,
I'm strayed in thought on midnight.
I get drunk in blue smoke this night also.

 

"It is a one of the talent to be chipped off something excessively."

 by Shigesato Itoi


nice!(2)  コメント(2) 

nice! 2

コメント 2

荒木理衣

かっちょええ!
by 荒木理衣 (2014-04-18 21:04) 

PIMO

ええっ?かっちょええ?
by PIMO (2014-04-19 10:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。