So-net無料ブログ作成

Bali

2DSCN0215.jpg

以前から不思議に思っている。
例えば会話が途切れた一瞬
バリ島の人達の優しさに溢れる笑顔が消えてしまう。
その眼には底抜けの闇が立ち現れるのである。
会話内容に対する怒りや失望とは無関係。
瞬時に暖かい笑顔は戻る。
理由が解せない。

過去三度、
自分が撮りためたバリの写真は
昼のものより夜の情景の方が
はるかに多い。
オーバー気味の圧倒的光量の中
南国ならではの
溢れかえる原色の氾濫は紛れもない現実ではあるのだが
そういえばケチャもレゴンもバロンも(バリ島伝統芸能)
夜に開宴される。
もしかしたらバリヒンズーの神々は
夜にしか人々の前に現れぬのかもしれぬ
などという想像の域を脱する為には
あと二回程
三か月くらいづつ
バリ島を再訪せねばならぬのであろう。
というより
あと二回程
三か月くらいづつ
(否、出来ることなら半年くらいづつ・・・)
バリ島を再訪したいなあ。
とても。


「真理! 眼をしっかり開いて、
  生命の強烈な息吹を全身の毛穴から吸い込み、
 物事をあるがままに見、不幸をまともに見つめ、
  そして笑うのである!」
 
 by ロマン・ロラン

 

I may always wonder.
For example,
The moment when a conversation broke,
A smile to overflow in the gentleness of people of Bali goes out.
Perfect darkness appears to their eyes.
It is unrelated to anger and the disappointment for conversation contents.
However, the warm smile returns instantly.
I cannot understand the reason.

Past three degrees,
As for the photographs of Bali which I takes and saved,
much more scenes night than a daytime things.
In the overwhelming light quantity that is slightly overexposed,
It is peculiar to a southern country,
the flooding of the primary color to overflow is obvious reality.
That reminds me, as for the kecak and the legong and the baron(Bali traditional arts),
it is made an open party  at night.
Possibly the gods of the Bali Hinduism may appear before people only at night.
To escape from such an imaginary level,
I will have to revisit Bali by another approximately
two times of around three months.
Or perhaps I should say,
I want to revisit Bali by another approximately
two times of around three months.
(No,It is ... for half a year)
Very very much.


"Truth!
 Open eyes well and breathe in severe breath of the life
 from the pore of the whole body and watch things as they were
 and stare at the misfortune directly and laugh!"

 by Romain Rolland


nice!(0)  コメント(0) 

俯瞰図(Bird's-eye view)

suiboku2.jpg

立っていてはよく見えぬので
屈んで見入る。

蟻が蜻蛉を喰らっている。
蜂が蚯蚓を咥えている。
蝮が蟋蟀を食んでいる。

高層ビル
屋上庭園から俯瞰した情景も同じ。
死なぬ為に街は蠢いている。

そろそろ海に行かねば。
海に行かねば逝きそうな心持。
独り山中のスタジオにて。
灼熱。


「生きる理由はないが、また、死ぬ理由もない。
 人生への軽蔑を示すべく、我々に残された唯一の方法は、
 それを受け入れることである。
 人生は、苦労して捨てるほどの価値もない。」

 by ジャック・リゴー


Because I do not see it very well when I stand,
I stoop down and watch it.

ants feed a dragonfly.
A bee has an earthworm in its mouth.
A snake bites a grasshopper.

It's same scene that I looked at from
the rooftop garden of the high-rise building.
Because they do not die, big town wriggles.

I must go to the sea soon.
It is thefeeling that seems to die if I do not go to the sea.
In my studio deep in the mountain,
with loneliness,
In incandescence.


”There is not the valid reason,
 but there is not the reason to die also.
  Accepting it is the only method
  that was left for us to show the contempt to the life.
  The life does not have the value
  as throwing it away through hardships."

  by Jacques Rigaut

 


nice!(0)  コメント(0) 

信念と覚悟(Faith and resolution)

mantis2.jpg

「わたしは間違っているが、世間はもっと間違っている」

「民衆がものを考えないということは、支配者にとっては実に幸運なことだ」

「大衆は小さな嘘より、大きな嘘の犠牲になりやすい」

「嘘を大声で、充分に時間を費やして語れば、人はそれを信じるようになる」

「熱狂した大衆だけが、操縦可能である」

「政策実現の道具とするため、私は大衆を熱狂させるのだ」

「女は弱い男を支配するよりも、強い男に支配されたがる」

「天才の一瞬の閃きは、凡人の一生に勝る」

「平和は剣によってのみ守られる」

「退路を自ら断つとき、人はより容易に、より果敢に戦う」

「並外れた天才は、凡人に対して配慮する必要はない」

「大衆の多くは無知で、愚かである」

「本当の卑怯者には、死よりも恐れるものがないのだ」

「世界を革新しようとする運動は瞬間にではなく、未来に奉仕するものである」

「今日では金が唯一の人生の尺度になったかのようだ。
 しかし再び人が気高き神に頭を垂れる時が来るだろう」
 
「政策とは今作られつつある歴史のことだ」

「教育の最後の仕上げは軍隊ですべきである」

「私は『説得』によって、全てを作り出した」

「私の意思こそが、全てを決定する」

「自己をあらゆる武器で守ろうとしない制度は、事実上自己を放棄している」

「死が苦しいのは一瞬だけである、なぜ人はその一瞬を耐えられないのか?」


全てアドルフ・ヒトラーのことば。
極論は嫌いでは無い。
中には納得し得る物もある。
許せぬのは他者の不在と弱者に対する侮蔑。
ただ、其処には彼なりの信念と覚悟は見える。

彼を模倣せよとのたまい
(ヒトラーは改憲などしてい無いというのが史実。
 阿呆也。)
直後撤回したその男に
それは微塵も感じられぬ。

だがしかし
信念も覚悟も伴わぬ言葉ばかり吐いていると
口径が捻じ曲がってしまうという
冗談の如き事実を御教授して頂いた事と
私が忌み嫌うチーム(読売巨人軍の比では無い)
に少しばかりの打撃を与えてくれた事に
感謝致し候。


"I am wrong, but the world is wrong more."
"It is really lucky for a ruler that the people do not think about a thing."
"Of the lie bigger than a lie small as for the public is easy to be sacrificed."
"If I spend time enough aloud and talk about a lie, the peple comes to believe it."
"I can control only the excited public."
"I intoxicate the public to assume it a tool of the policy realization."
"The woman wants to be ruled over by a strong man than she rule over the weak man."
"The flash of instant of the genius is superior for the life of the ordinary man."
"The peace is kept only by a sword."
"When he cut off the way of retreat by himself, he fights more daringly more easily."
"It is not necessary to consider the extraordinary genius for an ordinary man."
"Most of public are stupid in ignorance."
"A true coward does not have a thing to be afraid of than death."
"Eyewink serves the exercise that is going to perform innovation of the world between in the future."
"Money seemed to become the standard of the only life today. However,
 time when a person gives a brain to noble God again will come."
"A policy is the made history now."
"The last finish of the education should be the armed forces."
"I created all by "persuasion."
"My intention decides all."
"The system that is not going to protect a self with every weapon abandons self virtually."
"It is only an instant that death is hard,  as for the person, why is instant not endured?"

All these are words of Mr,Adolf Hitler.
I do not dislike going too far in saying in themself.
There is something which I can understand among them.
It is contempt the weak and  absence of others that I cannot permit it.
However, I can see faith and the resolution for him there.
I do not feel it  the particle to the man whom he withdrew
as soon as said that we must imitate Hitler.
(It is a historical fact that Hitler had not revised the Constitution.
 He is really stupid!)
But I thank for him,
telling the words without faith and resolution,will lips bend.
Having given a little blow the team which I detested.

 


nice!(1)  コメント(4) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。