So-net無料ブログ作成

現実と非現実(Reality and unreality)

2DSCN0335.jpg

多分、異国。
暮れゆく見知らぬ通りを
帰るべき場所を探し彷徨う。

満開の桜。
川沿いで、
昔飼っていた犬と遊ぶ。

深夜、生い茂るセイタカアワダチソウの隙間から
狂った人達のパレードを見ている。

雲無き青い空の下、
眼前に在るその人に、
伝えなければならぬ事を叫ぶのだが
眼前のその人の眼中に私は無く、
私の声は届かない。
笑うその人の声、
水中の音のよう。

茜に染まる砂漠に足取られながら、
ジャミラ(ウルトラマンに登場した怪獣)に
追われる。

そのような夢を、
頻繁に見る。

 

「夢は続いている限り現実である。
 そして、我々は夢の中で生きているのではないか。」

  by アルフレッド・テニソン

 

Maybe in a foreign country.
I look for the place that I should come back
and wander in the unknown street to darken.

Cherry blossoms in full bloom.
In a riverside,
I play with the dog which I kept in old days.

I look after the parade of people who were out of order
from the gap of Solidago serotina growing thick
in the midnight.

under the blue empty bottom without the cloud.
Though I appeal for what I must convey
to her whom there is under my nose,
The sight of her whom there is under my nose
does not have me, and my voice can not arrive.
The laughing voice of her is like an underwater sound.

While means of transportation are taken
in the desert stained with madder,
I am driven to JAMILA (the monster which came up to an Ultra Man).

I watch such a dream frequently.

 

"The dream is reality as far as I follow.
 And we may live in a dream."

 by Alfred Tennyson


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。