So-net無料ブログ作成
検索選択

空を見る。(Looking up to the skies)

2DSCN0073.jpg

気に掛かる事がある時、
行く先を見失った時、
疼痛に苛まれる時、
君の傍に無い時、
進み切れぬ時、
諦念せし時、
笑えぬ時、

空を見る回数が増える。

雲ひとつない蒼天は
滲むだけなのだが。

流れる雲と、
流れる星に
救われる。

この雲の行き着く先に
君の立つ場所が在って、

あの星が落ちる場所に
私の夢が在る。

彼方に分かたれた場所であろうが、

いつも、
流れる雲を此処から見上げている。

いつか、
流れる星が其処まで届きますように。

今日が始まって、19回目。

また、空を見る。

 

「ふまれても ふまれても 我はおきあがるなり 
 青空を見て微笑むなり 星は我に光をあたえ給うなり」

 by 武者小路実篤

 


When I may be worried,
When I lost sight of a destination,
When I am tormented by sharp pain,
When I am not by your side,
When I can not advance,
When I give it up,
When I am not laughable,

The number of times to Look up to the skies increases.

The all clear blue sky is just blurred by tears.

I am saved by a flowing cloud and a shooting star.

There is the place where you stand
in the place to arrive at of this cloud.

There is my dream in the place that star falls down.

Even if it is a place divided far away,
I always look up at the cloud which flows.

I hope a shooting star arrives to there someday.

It's the 19th after today begins.

I am looking up to the skies again.
 


"I get up even if stepped and stepped.
 I smile to look up to a blue sky.
 The stars give me bright light"

 by Saneatsu Musyanokouji


nice!(4)  コメント(3) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。