So-net無料ブログ作成
検索選択

切る(Cut)

2DSCN0081.jpg

縁を切る。

堰を切る。

白を切る。

手を切る。

髻を切る。

啖呵を切る。

鯉口を切る。

火蓋を切る。

久離を切る。

仁義を切る。

九字を切る。

身銭を切る。

メンチ切る。

切り捨てる。

切った張った。

切っても切れない。

首切り。

指切り。

腹切り。

Kill

「切る」が入るセンテンス。
 げに不穏。
 物騒であるよなあと、

思いし五月雨、

髪を切る。

短く。

 

『「切」「ない」やねんから、血は出えへんねん。
  そやけどな、血、出るより痛いねん。』

 by my self


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

故に(Therefore)

2DSCN0261.jpg

雨の夜に
流されない

晴れの朝に
笑える

風の日に
飛ばされない

のは、

 

此処に在ってくれる
傍に立ってくれる

故。

 

「ありがとう。」すら上手く言えぬ
「愛している。」など到底言えぬ

故に。

 

 

「ありがとうじゃ足りないけど、ありがとうしか無い。悔しい。 」

 by 藤原基央

 

I owe what

I'm not drained at rainy night.
 
I'm laughable in fine morning.

I'm not spurted on a day of the wind.


Because
existing here.
standing by me.


Therefore 
I cannot say well even "Thank you."
So never be able to say "I love you."

 


"It's few to say 'Thank you.'
 but I can say only 'Thank you.'
 I am frustrated."

 by Motoo Fujiwara


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

覚醒(Arousal)

2DSCN0334.jpg

あの人が泣いている。

私は立ち尽くす。

君が笑っている。

私はうずくまる。

奴が尻尾を振る。

私は一緒に行く。

彼方から音信。

私は踵を返す。

深夜の告白。

私は彷徨う。

海からの風。

私は歩く。

大樹の陰。

私は眠る。

故郷の川。

私は泥酔。

日常の中。

私は独白。

涙で覚醒したのだが、
どの夢なのかは忘却。

喪失感だけがリアル。
現実は水の中の様で。

 

「人間」
 by 銀杏BOYZ

http://www.youtube.com/watch?v=H4MbbNam7lk

"Human being"
 by Ginnan BOYZ

 


Someone is crying.

I remain standing.

You are smiling.

I crouch down.

My dog who has gone wags his tail.

I go together.

Correspondence from far away.

I return my step.

Confession in the midnight.

I wander.

Wind from the ocean.

I walk.

Shade of a big tree.

I sleep.

River of my hometown.

I get dead drunken.

In daily life.

I make a monologue.

I awoke with tears,
but forgot which dream it was.

Only lostness is real.
The reality is a state in the water.


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

過剰至上主義(The principle of excessive supremacy)

2DSCN0078.jpg

つい過剰になってしまう。

程々にしておけば良いものの、
我慢出来ぬは自分の資質(タチ)であろうか。

例えば、煙草。
止めるか、呑むかのどちらか。
身体に悪いからと言って、
軽いものを選択するなどという発想が出来ぬ。
止めるなら、皆無。
呑むのであらば、
タール、ニコチン濃度の出来る限り高いものを選択。
増税上等。止める気など皆無故、
寿命は縮みゆきつつあるのであろう。

酒、然り。
ほろ酔い、上機嫌のうちに
止めれば良いものを、
泥酔まで行き着かねば我慢出来ぬので、
翌朝、見つけ得ぬ前夜の記憶に慄き、
後日知らされる失態の為、自己嫌悪に陥る。
同じく、止める気皆無故、
失われた記憶探しと自己嫌悪のリピート。

喫煙にしても、
飲酒にしても、
物理的過剰だけならまだ良いが、
質(タチ)が悪いのは、精神的過剰である。

例えば、

物事には徹底的に関与するか、全く触れぬかの一方。
人間には深く愛するか、憎悪するかの一方。

そつ無くこなしたり、
お茶を濁したり、
中道を行ったり出来ぬ。

結果、
当然、
世界との衝突は避け得ぬ。
征服する程の強大な力を持ち合わせているのならいざ知らず、
非力故、
本業に喧嘩売るヤンキーの如く、
レーサーに挑む暴走族の如く、
ぼっこぼこである。

消えぬ痣と
口腔内に溢れる血の味は、
自分の業である。

業であるよなあ。

突っ伏し、
今宵も

思案の中に迷走。
紫煙の中で酩酊。

 

「過剰に何かが欠けているのも才能のうち。」

 by 糸井重里

 

I become just superabundant.

Is it my nature that I cannot endure it
although should keep it within bounds?

For example, it's cigarette.
Either which I smoke, or never.
Because is bad to a body,
I cannot consider choosing a one low tar and nicotine.
If I stop it,never.
if I smoke I choose one as high as possible of the tar and nicotine density.
Fuckin' tax increase.
Because there is not at all mind to stop smoking,
so my life will be shortened.

Also the alcohol.
I should stop it in slight intoxication and high spirits,
I shudder with lost memory of the previous night on the next morning,
I fall into self-hate for a blunder to be informed later
because I cannot endure it when I do not get dead drunken.
Also because there is not mind to stop,
so repeat of search for the lost memory and self-hate.

Even if smoking or drinking,
Only a physical surplus is still better.
Big problem is a mental surplus.

For example,

One way which I never touch at all,
or I participate in things thoroughly.
One way which I love a human being deeply, or I hate.

I can't handle it without a mistake and, deceive it
and stop it in a just right place.

an inevitable result,
I can't avoid colliding with the world.
Because it is good if I have big power as I conquer it,
but I'm too powerless to do it.
Like a hooligan who picks a quarrel with a Mafia,
like a motorcycle gang challenging a racer,
it's a crushing defeat.

the taste of blood overflowing in my bruise,
and the oral cavity which do not disappear,
it's the charge of myself.

While falling on its face with thinking it's my charge,
I'm strayed in thought on midnight.
I get drunk in blue smoke this night also.

 

"It is a one of the talent to be chipped off something excessively."

 by Shigesato Itoi


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

熱海行(Gone to Atami)

2DSCN0116.jpg

母と、その兄弟(姉妹)と共に熱海行。

金色夜叉の砂浜まで、
長い坂道を下る。

転ばないようそっと。

風のため
堂ヶ島は欠航で、
細い山道を下る。

迷わないようそっと。

恋人岬の突先まで、
くねる階段を下る。

壊れないようそっと。

西からの帰路、
かすれた富士に落日。

雨無き空に
発つ虹、霞む。

老桜の蕾は開く。

そっと。

だが、

ずっと。

 

「枯れ葉を描く時は、最初は緑で描いて、絵の具で枯らしていくんです。
 すると、なにか自分を描いているような気分になる。
 一体感というか、自分にもまだ青春があるという気持ちになるのです。」

 by 熊田千佳慕

 

I went for trip to Atami with my mother and her brothers (sisters).

Gone down the long slope to the sandy beach
of "KONJIKI YASYA"(the Golden Ogre).

Quietly for not to fall down.

Gone down the thin mountain path.
Because The ship to Dogashima was suspension of service by strong wind.

Quietly for not to lose the way.

Gone down the winding stairs
To the tip of the Lovers Promontory.

Quietly for not to be broken.

The setting sun by veiled Mount Fuji on the way back from the west.

Veiled rainbow in the red sky without rain.

The bud of the old cherry tree opens

quietly

but

forever.

 

"When I paint a dead leaf,
 I describe it in green first and blight it with paint
 Then I feel painting myself.
 It's like a sense of unity,
 it's in a feeling that I still have youth."

 by Chikabo Kumada


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

Hug

2DSCN0389.jpg

例えば、

温かい水の抵抗に包まれながら、
流線型の魚の硬度を両手で微かに感じるようだ。

リズムの違う脈拍に少しずつ同調してゆき、
ついに同化した鼓動のエコーを感じるようだ。

ゆっくり像を結び直す煤けてしまった夢の、
取り戻しつつある極彩色を感じるようだ。

黒い空の下で不確かだった生命が、
咲く桜によって明確にされるのを感じるようだ。

私は春に抱かれている。
私は春を抱いている。

未だ夜は冷たいスタジオにて、
小屋の屋根打つ春雨の音。

散る花弁、
独り酒飲む。

 

「自然の中には、僕の愛に値しないものは何もない。
 一人の人間も、一本の木も。」

 by ロマン・ロラン

 

For example,

While I'm wrapped in resistance of lukewarm water,
it seem to feel the hardness of a streamlined fish with both hands subtly.

While going along with the different pulse of the rhythm little by little,
it seem to feel an echo of the beating that it assimilated into at last.

It seem to feel The full color that it is regaining
of the sooty dream that creates the image slowly again.

It seem to feel uncertain life under the black sky
is made clear by a blooming cherry blossom.

I'm hugged by spring.
I hug spring.

Sound of spring rain beating against the roof of the hut
in my studio still cold at night.

Scattered petal,
I drink liquor alone.

 

"In nature, there is no thing which does not deserve my love,
 neither a human nor a tree."

 by Romain Rolland


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。