So-net無料ブログ作成
検索選択

あかり(AKARI)

2DSCN0662.jpg

昔、

憧れていたひかりは眩しさに過ぎ

くらくらするので、

あかりを見ている。


あかりを見ていると

うれしくなって
はりさけそう。

せつなくなって
ちぎれそう。

たのしくなって
なきそう。

なのだが、


逆光の中でも輝き続け

閉じた眼中で確かに灯り

消去どころか忘却すら叶わぬので


ずっとみつめている。
じっとまっている。


街に揺れる無数の

山腹に霞む唯一の

黒い海に滲む僅かな


其処にたどりつく道を知らずに歩く。

いつかあかりに包まれると信じ。


網膜に映らずとも
この心拍とともに
いつまでもまたたいている。

未だあかり消えず。

「もし諦め切れるんなら そんなもん夢じゃねえ。」
 by 南波日々人 in 『宇宙兄弟』


  
 

Because the sunlight that I longed for in old days
is too dazzling and I feel dizzy,
so I watch AKARI(night light in Japanese.)


When I watch AKARI,

I almost burst because I'm very glad.

I almost break off because I'm very sad.

I almost cry because I become fun.

However,


Because it shines in backlight

Because it burns in closed my eyes

Because far from erasing it, even oblivion is not possible

I stare all the time.

I wait still.


innumerable AKARI twinkling in the town,

merely one AKARI veiled on the hillside,

AKARI which seem to disappear blurring on the black sea,

I walk without knowing the way arriving at there.
While believing that I'll be embraced in AKARI someday.

AKARI twinkles with my heartbeat all the time even if not under my nose.

AKARI does not yet disappear among me.

"There is never such a thing in the dream if you can get it over."
by  Hibito Nanba  in "Space Brothers"


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。