So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

七夕考

2SCN0068.jpg

その日の空に星を見た記憶が遠い。
七月七日が晴れたのは、
過去50年遡ってみても10日ほどらしい。

笹に吊られた短冊は雨に濡れ
願い事は滲んでしまい、悲しげに揺れている

のだが、

「ちゅーか、そもそも他人の逢瀬を下から覗くやなんて趣味悪いんちゃうん?
 しかも儂らの恋愛に便乗して願い事って、どういう了見やねん!
 言うとくけどな、此処は天界やねん!
 今年もお星さま見えなくて儂ら二人がかわいそう?
 はあ?よー考えや。雲の上やぞ。
 毎年逢うてるゆーねん、織姫たんと。
 そら、多少は流れ速よなんで、梅雨時やからな。
 そやけどな、君らから見えんから都合ええねん。
 ちょっとやばいかなあ思てんけど、
 今年なんか素っ裸で天の川渡ったっちゅーねん。
 どや?羨ましいやろ?」

などと言う
牽牛の言、聴こえし
長梅雨の晴れ間。
虚構の如き碧空。

酷暑故、
脳沸きし午後。
気持ち溶けし夕刻。

東北北海道の七夕は八月七日であるらしい。
その日もう一度、大阪で空を見上げる。
今年も七月七日に見得なかった川を見るために。
私の想いを届けるために。

万一、雨天であらば、
君を見習い
濁流、泳ぎ切る所存。
渡り切る所懐。


「コントレール」
 by B-DASH

 https://www.youtube.com/watch?v=8v9PrP7wDyQ&list=PL5ebBsRyJOha-kdUlio8v0P94olXZ8bhC&index=11


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

或る一節(Some paragraph)

2DSCN0275.jpg19年と1656kmを越えた彼は考える。

それは奇跡なのだろうか?
それとも必然なのだろうか?

もし
自分が届いたのであれば
それは奇跡であるし

もし
自分が流されたのであれば
それは必然であろう。

だが、

今となってはそれが
奇跡であろうが、必然であろうがどうだって良い。


消えぬ残り香と体温と音色に、
未だ彼は抱かれたまま。


考える事をやめ、彼は想う。

その日に向かってまた歩き始める。

叶った19年来の夢を胸に

次は1656km北に在る川まで。

「私は今、生きることに夢中だ。
 人生の変化、色、様々な動きを愛している。
 話ができること、見えること、音が聞こえること、歩けること、
 音楽や絵画を楽しめること、それは全くの奇跡だ。」
   by アルトゥール・ルービンシュタイン

He beyond 19 years and 1,028Mile and think.

Is it a miracle?
Or is it necessity?

It is a miracle if I arrived.

It will be necessity if I was flowed down.

However,

At this time
I do not matter even if it is a miracle or necessity.

He is still embraced in
lingering scent,body heat and beautiful tone not to disappear.

He stop thinking and yearn for.

I begin to walk towards the day.

While holding the dream of 19 years when it came true,

until arriving at the river which is 1,028Mile north.

"I am crazy about that I live now.
 I love the change of the life, a color, various movement.
 Being able to talk, see it, hear a sound, walk, enjoy music and the picture.
 It is a wondrous miracle."

 by Arthur Rubinstein


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

あかり(AKARI)

2DSCN0662.jpg

昔、

憧れていたひかりは眩しさに過ぎ

くらくらするので、

あかりを見ている。


あかりを見ていると

うれしくなって
はりさけそう。

せつなくなって
ちぎれそう。

たのしくなって
なきそう。

なのだが、


逆光の中でも輝き続け

閉じた眼中で確かに灯り

消去どころか忘却すら叶わぬので


ずっとみつめている。
じっとまっている。


街に揺れる無数の

山腹に霞む唯一の

黒い海に滲む僅かな


其処にたどりつく道を知らずに歩く。

いつかあかりに包まれると信じ。


網膜に映らずとも
この心拍とともに
いつまでもまたたいている。

未だあかり消えず。

「もし諦め切れるんなら そんなもん夢じゃねえ。」
 by 南波日々人 in 『宇宙兄弟』


  
 

Because the sunlight that I longed for in old days
is too dazzling and I feel dizzy,
so I watch AKARI(night light in Japanese.)


When I watch AKARI,

I almost burst because I'm very glad.

I almost break off because I'm very sad.

I almost cry because I become fun.

However,


Because it shines in backlight

Because it burns in closed my eyes

Because far from erasing it, even oblivion is not possible

I stare all the time.

I wait still.


innumerable AKARI twinkling in the town,

merely one AKARI veiled on the hillside,

AKARI which seem to disappear blurring on the black sea,

I walk without knowing the way arriving at there.
While believing that I'll be embraced in AKARI someday.

AKARI twinkles with my heartbeat all the time even if not under my nose.

AKARI does not yet disappear among me.

"There is never such a thing in the dream if you can get it over."
by  Hibito Nanba  in "Space Brothers"


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:blog

根拠(The grounds)

2DSCN0147.jpg

雨が降っている所為で、桜が降っている。

雨は嫌いであるし、桜は好きなので

滅入るはずの気持ちが
根拠も無く高揚している。

独りで居るのだが、

もう逢えない
これから出会う

彼方に在る
傍に立つ

よく喋る
寡黙な

急いでいる
探している

餓えている
満たされた

似ている
違う

人の体温を感じる。

至福の中の多幸感。

根拠など無い。
根拠など要らない。

春に根拠など無いだろ?

えっ!?
宿酔いの所為か?


「人生には、二つの道しかない。
 一つは、奇跡などまったく存在しないかのように生きること。
 もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ。」

 by アルベルト・アインシュタイン


Cause folling the rain,Cherry blossoms fall.

Because I dislike the rain and like the cherry blossoms,

my feeling that should be depressed becomes exalted without grounds. 

I'm alone but,
 
You

cannot meet anymore
will meet from now on
 
are far away
stand by my side

chat a lot
are reticent
 
are hurrying
are seeking

are starving
are fulfilling

are resemble me
are differing me
 
I can feel your body heat.

Euphoria in the supreme bliss.

No grounds.
I don't need grounds.

Does spring not have grounds?

Oh my ...! ?
Is it a hangover?

"There are only two ways to live your life.
 One is as though nothing is a miracle.
 The other is as though everything is a miracle."

 by Albert Einstein


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

シャン

2DSCN0235.jpg

49日目。

初めて話したのはビルの谷間の喫煙所。
絵画についての話の中で、
「自然界に直線は存在しない。」という、
私の言葉をとても気に入ってくれていたのを覚えている。

週に一度ではあるが、
一年半、他にも色んな話をしたのを覚えている。

音沙汰が無くなって二年半。

その由、知り得る術無く、
誕生日にはフェイスブック経由で
「生きてるか?」などと言うメッセージを送っていたのだが、
死ぬ想いで生きていたのだね。
ごめんな。

つらかっただろう。

ゆっくりしたら良い。

シャン、そのうち

また、

一緒に遊ぼう。

そう遠くない

その時まで、

シャン、バイバイ

君の好きだったトーキング・ヘッズ贈るよ。

 

"Road To Nowhere"   
 by Talking Heads

https://www.youtube.com/watch?v=AWtCittJyr0


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

切る(Cut)

2DSCN0081.jpg

縁を切る。

堰を切る。

白を切る。

手を切る。

髻を切る。

啖呵を切る。

鯉口を切る。

火蓋を切る。

久離を切る。

仁義を切る。

九字を切る。

身銭を切る。

メンチ切る。

切り捨てる。

切った張った。

切っても切れない。

首切り。

指切り。

腹切り。

Kill

「切る」が入るセンテンス。
 げに不穏。
 物騒であるよなあと、

思いし五月雨、

髪を切る。

短く。

 

『「切」「ない」やねんから、血は出えへんねん。
  そやけどな、血、出るより痛いねん。』

 by my self


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

故に(Therefore)

2DSCN0261.jpg

雨の夜に
流されない

晴れの朝に
笑える

風の日に
飛ばされない

のは、

 

此処に在ってくれる
傍に立ってくれる

故。

 

「ありがとう。」すら上手く言えぬ
「愛している。」など到底言えぬ

故に。

 

 

「ありがとうじゃ足りないけど、ありがとうしか無い。悔しい。 」

 by 藤原基央

 

I owe what

I'm not drained at rainy night.
 
I'm laughable in fine morning.

I'm not spurted on a day of the wind.


Because
existing here.
standing by me.


Therefore 
I cannot say well even "Thank you."
So never be able to say "I love you."

 


"It's few to say 'Thank you.'
 but I can say only 'Thank you.'
 I am frustrated."

 by Motoo Fujiwara


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

覚醒(Arousal)

2DSCN0334.jpg

あの人が泣いている。

私は立ち尽くす。

君が笑っている。

私はうずくまる。

奴が尻尾を振る。

私は一緒に行く。

彼方から音信。

私は踵を返す。

深夜の告白。

私は彷徨う。

海からの風。

私は歩く。

大樹の陰。

私は眠る。

故郷の川。

私は泥酔。

日常の中。

私は独白。

涙で覚醒したのだが、
どの夢なのかは忘却。

喪失感だけがリアル。
現実は水の中の様で。

 

「人間」
 by 銀杏BOYZ

http://www.youtube.com/watch?v=H4MbbNam7lk

"Human being"
 by Ginnan BOYZ

 


Someone is crying.

I remain standing.

You are smiling.

I crouch down.

My dog who has gone wags his tail.

I go together.

Correspondence from far away.

I return my step.

Confession in the midnight.

I wander.

Wind from the ocean.

I walk.

Shade of a big tree.

I sleep.

River of my hometown.

I get dead drunken.

In daily life.

I make a monologue.

I awoke with tears,
but forgot which dream it was.

Only lostness is real.
The reality is a state in the water.


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

過剰至上主義(The principle of excessive supremacy)

2DSCN0078.jpg

つい過剰になってしまう。

程々にしておけば良いものの、
我慢出来ぬは自分の資質(タチ)であろうか。

例えば、煙草。
止めるか、呑むかのどちらか。
身体に悪いからと言って、
軽いものを選択するなどという発想が出来ぬ。
止めるなら、皆無。
呑むのであらば、
タール、ニコチン濃度の出来る限り高いものを選択。
増税上等。止める気など皆無故、
寿命は縮みゆきつつあるのであろう。

酒、然り。
ほろ酔い、上機嫌のうちに
止めれば良いものを、
泥酔まで行き着かねば我慢出来ぬので、
翌朝、見つけ得ぬ前夜の記憶に慄き、
後日知らされる失態の為、自己嫌悪に陥る。
同じく、止める気皆無故、
失われた記憶探しと自己嫌悪のリピート。

喫煙にしても、
飲酒にしても、
物理的過剰だけならまだ良いが、
質(タチ)が悪いのは、精神的過剰である。

例えば、

物事には徹底的に関与するか、全く触れぬかの一方。
人間には深く愛するか、憎悪するかの一方。

そつ無くこなしたり、
お茶を濁したり、
中道を行ったり出来ぬ。

結果、
当然、
世界との衝突は避け得ぬ。
征服する程の強大な力を持ち合わせているのならいざ知らず、
非力故、
本業に喧嘩売るヤンキーの如く、
レーサーに挑む暴走族の如く、
ぼっこぼこである。

消えぬ痣と
口腔内に溢れる血の味は、
自分の業である。

業であるよなあ。

突っ伏し、
今宵も

思案の中に迷走。
紫煙の中で酩酊。

 

「過剰に何かが欠けているのも才能のうち。」

 by 糸井重里

 

I become just superabundant.

Is it my nature that I cannot endure it
although should keep it within bounds?

For example, it's cigarette.
Either which I smoke, or never.
Because is bad to a body,
I cannot consider choosing a one low tar and nicotine.
If I stop it,never.
if I smoke I choose one as high as possible of the tar and nicotine density.
Fuckin' tax increase.
Because there is not at all mind to stop smoking,
so my life will be shortened.

Also the alcohol.
I should stop it in slight intoxication and high spirits,
I shudder with lost memory of the previous night on the next morning,
I fall into self-hate for a blunder to be informed later
because I cannot endure it when I do not get dead drunken.
Also because there is not mind to stop,
so repeat of search for the lost memory and self-hate.

Even if smoking or drinking,
Only a physical surplus is still better.
Big problem is a mental surplus.

For example,

One way which I never touch at all,
or I participate in things thoroughly.
One way which I love a human being deeply, or I hate.

I can't handle it without a mistake and, deceive it
and stop it in a just right place.

an inevitable result,
I can't avoid colliding with the world.
Because it is good if I have big power as I conquer it,
but I'm too powerless to do it.
Like a hooligan who picks a quarrel with a Mafia,
like a motorcycle gang challenging a racer,
it's a crushing defeat.

the taste of blood overflowing in my bruise,
and the oral cavity which do not disappear,
it's the charge of myself.

While falling on its face with thinking it's my charge,
I'm strayed in thought on midnight.
I get drunk in blue smoke this night also.

 

"It is a one of the talent to be chipped off something excessively."

 by Shigesato Itoi


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

熱海行(Gone to Atami)

2DSCN0116.jpg

母と、その兄弟(姉妹)と共に熱海行。

金色夜叉の砂浜まで、
長い坂道を下る。

転ばないようそっと。

風のため
堂ヶ島は欠航で、
細い山道を下る。

迷わないようそっと。

恋人岬の突先まで、
くねる階段を下る。

壊れないようそっと。

西からの帰路、
かすれた富士に落日。

雨無き空に
発つ虹、霞む。

老桜の蕾は開く。

そっと。

だが、

ずっと。

 

「枯れ葉を描く時は、最初は緑で描いて、絵の具で枯らしていくんです。
 すると、なにか自分を描いているような気分になる。
 一体感というか、自分にもまだ青春があるという気持ちになるのです。」

 by 熊田千佳慕

 

I went for trip to Atami with my mother and her brothers (sisters).

Gone down the long slope to the sandy beach
of "KONJIKI YASYA"(the Golden Ogre).

Quietly for not to fall down.

Gone down the thin mountain path.
Because The ship to Dogashima was suspension of service by strong wind.

Quietly for not to lose the way.

Gone down the winding stairs
To the tip of the Lovers Promontory.

Quietly for not to be broken.

The setting sun by veiled Mount Fuji on the way back from the west.

Veiled rainbow in the red sky without rain.

The bud of the old cherry tree opens

quietly

but

forever.

 

"When I paint a dead leaf,
 I describe it in green first and blight it with paint
 Then I feel painting myself.
 It's like a sense of unity,
 it's in a feeling that I still have youth."

 by Chikabo Kumada


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。