So-net無料ブログ作成

Hug

2DSCN0389.jpg

例えば、

温かい水の抵抗に包まれながら、
流線型の魚の硬度を両手で微かに感じるようだ。

リズムの違う脈拍に少しずつ同調してゆき、
ついに同化した鼓動のエコーを感じるようだ。

ゆっくり像を結び直す煤けてしまった夢の、
取り戻しつつある極彩色を感じるようだ。

黒い空の下で不確かだった生命が、
咲く桜によって明確にされるのを感じるようだ。

私は春に抱かれている。
私は春を抱いている。

未だ夜は冷たいスタジオにて、
小屋の屋根打つ春雨の音。

散る花弁、
独り酒飲む。

 

「自然の中には、僕の愛に値しないものは何もない。
 一人の人間も、一本の木も。」

 by ロマン・ロラン

 

For example,

While I'm wrapped in resistance of lukewarm water,
it seem to feel the hardness of a streamlined fish with both hands subtly.

While going along with the different pulse of the rhythm little by little,
it seem to feel an echo of the beating that it assimilated into at last.

It seem to feel The full color that it is regaining
of the sooty dream that creates the image slowly again.

It seem to feel uncertain life under the black sky
is made clear by a blooming cherry blossom.

I'm hugged by spring.
I hug spring.

Sound of spring rain beating against the roof of the hut
in my studio still cold at night.

Scattered petal,
I drink liquor alone.

 

"In nature, there is no thing which does not deserve my love,
 neither a human nor a tree."

 by Romain Rolland


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

Punk

w&b.JPG

その人とは地下鉄のホームですれ違った。

初老である。
おそらく、ランバンあたり、
高級そうなスーツ。
黒き光沢を放つモンクストラップの革靴。
それだけであれば
彼に気付きもしなかったであろう。

驚愕すべきは
マッシュにカットされた頭髪のカラーリングである。

パンクだ。

が、

まるでパンダだ。

頭頂より中程までが純白。
に対し、
鉢まわりが漆黒なのである。

尋常では無い違和感だ。

地下鉄車両に乗り込み、
何故、件のダンディ・シニアが
珍奇なパンキッシュ・ヘアカラーを
選択するに至ったかに思いを巡らす。

3つ目の停車時、気付いた。

「なんやねん!!
 白髪染め辞めてる最中なだけかーい!
 何処がパンクやねんっ!」

が、しかし

偽りの自分を捨て去り、
本来の自分を取り戻すために
人目も違和感も憚らぬは
やはりパンクである。

そのダンディズム真似たし。
そのパンクスピリッツ見習いたし。

よし。

総白髪に憧れて、生えるに任せていた
白髪を染めてやるぞ。
(パンク・パンダ化する為に)

自分もパンク爺に成り上(下)がってやるぞ。

と、
思い立ち
7つ目の停車に降り立つ。

ウォークマンのイヤーフォンより
音漏れする町田町蔵の声。

「フェイド・アウト」 
 by INU

 https://www.youtube.com/watch?v=RQ1izgI6prQ

 "Fade out"
 by INU

I passed the person at the home of the subway.

Past middle age.
Probably it will be an LANVIN or some,
The suit which seems to be high-quality.
Leather shoes of Monk strap giving off black luster.
If it was all of him, I would not notice him.

Being astonished,
It is coloring of hair cut in mash.

It's punk.

but,

It's totally like the panda.

From the top of the head till the middle is snow-white.
In contrast,
Around the head side is jet black.

It is few sense of incongruity at the ordinarily.

after getting in a subway vehicle.
I think why that dandy senior came to choose
the rare punkish hair color.

At the time of the third stop, I noticed.

"What the heck!!
 It's the middle leaving from Hair dye!
 It's never be a punk!"

But,

Throwing away oneself false to regain oneself true,
After all it's a punk mind
neither the public eye nor the sense of incongruity.

I want to imitate the dandyism.
I want to follow the punk spirits.

Right,

I dye the white hair which I left with growing
because attracted by total white hair.
(To become a punk panda)

I will become up (down) the punk grandpa,too.

I think so and get down on the seventh stop.

A voice of Machizo Machida that a sound leaks
from an ear phone of my Walkman.


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

普通(Ordinarily)

2DSCN0021.jpg

「普通最高!」と叫びし
 中三男子の、
 普通からかけ離れた日常を見ながら

「Fukin'普通!」と、叫びながらも
 うんざりする程の普通に塗れた日常をやり過ごす
 中年男子は涙す。

「へ!?言うとくけど、
 それって全然普通とちゃうからな!!」

  と言う第三者は錯覚しているのであろう。

「否、全くもって完膚無きまでも普通也。」

 と言う当人は錯乱しているのであろうか?

 今やどちらでも良いが、

「ヒミズ」http://himizu.gaga.ne.jp/
 は名作。

 

「俺にはわかる 
 俺にはわかる 牛乳の中の黒い蝿 その白と黒がよくわかる
 俺にはわかる どんな人かは、着ているものでわかる
 俺にはわかる 天気が良いか悪いかもわかる
 俺にはわかる 林檎の木を見ればどんな林檎だかわかる
 俺にはわかる 樹脂を見れば木がわかる
 俺にはわかる 皆がみな同じであればわかる 
 俺にはわかる 働き者か怠け者かもわかる その顔で分かる 
 俺には分かる なんでもわかる 自分以外のことはすべて。」

 by フランソワ・ヴィヨン

 

While seeing
far aparting from ordinary daily life of the the ninth grader boy
who cry "Ordinarily is the best!",

however crying "Fukin' ordinarily!"
The middle-aged boy in the festering daily life
that was covered ordinarily sheds tears.

"No kidding!
 Let me remark,
 it never be ordinarily!!"
 The third party saying so will get an illusion.

"No, it's quite completely ordinarily."
 Is the man concerned with essence to say so distracted?
 
Either is fine yet.

"HIMIZU" (http://himizu.gaga.ne.jp/)
 is a masterpiece of Japanese movie.

 


"I know flies in milk
 I know the man by his clothes
 I know fair weather from foul
 I know the apple by the tree
 I know the tree when I see the sap
 I know when all is one
 I know who labors and who loafs
 I know everything but myself."

 by Francois Villon


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

言い訳(Excuse)

2DSCN0048.jpg

再び核融合が起こり始めたり、

かのUSAが、
どん引きするほど右傾化したり、

わけの解らぬ事を呟きながら、
見知らぬ命を刺殺する
荒んだこころが増殖したり、

それらは決して
自分の所為では無いなどと言うのは
言い訳であるよな

などと、

大義を翳すのは、
身辺の最重要事項諸事が如何ともし難く、
茫然自失のうちに沈思黙考するしか能がない

如何ともし難き阿呆の
言い訳であるよなと

短くなりつつある夜に
焦燥しながら
猛省しながら
想う。

 

「人間には、人生を失敗する権利がある。」

 映画「アメリ」より

 

Nuclear fusion begins to happen again and,

It becomes turning to the right so as that USA to be cautious and,

Unsettled hearts stabbing unknown life to death
while murmuring no meaning words multiply.

I think It's an excuse to say there never be at all them by my result.

like that,

Talking about important meanings like that,

I think it's an excuse of
a fool beyond control that the personal most important matter
all affairs are beyond control,
and only being deep in meditation has on petrifaction.

While fretting, while reflecting seriously I yearn at shortening night.

 

"A human being has a right to fail in the life."

 from cinema "Le Fabuleux Destin d'Amelie Poulain"


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

告白(Confession)

rain5.JPG

三年前、TVの映像で知った。

少しして、
個人的に関与した飯舘村が
https://www.facebook.com/tosihihide/media_set?set=a.133170913435125.35724.100002266523736&type=3

https://www.facebook.com/tosihihide/media_set?set=a.134893403262876.36119.100002266523736&type=3

https://www.facebook.com/tosihihide/media_set?set=a.135704363181780.36315.100002266523736&type=3
大変な事になった事実を知る。

沢山の人の顔が浮かんだ。

連絡してみたら?
と、言われたが

580km 離れた場所から、
助ける手立ても無く
「大丈夫ですか?」
などと、
言えなかった。

と言うのは詭弁で、

本当は、怖かった。
何らかの理由で
もし、その人が亡くなっていたら、
もし、その人に切実に助けを求められたら、

おそらく、
自分の非力を認識する事になるであろう事実は明確であったから。

未だ、三年前の今日から、
この日には

ただ、
黙祷する。
懺悔する。
後悔する。

遅さに過ぎるのは承知の上で、
お尋ねしたい。

私には何が出来ますか?

 

「喪に服すとき」
 by ハンバートハンバート

  http://www.youtube.com/watch?v=gAJAgjGIEBQ
 
 "When I am in mourning"
  by Humbert Humbert

 

I knew it with a picture of TV three years ago.
After a while,
I knew that Iitate-mura where I participated in personally
https://www.facebook.com/tosihihide/media_set?set=a.133170913435125.35724.100002266523736&type=3

https://www.facebook.com/tosihihide/media_set?set=a.134893403262876.36119.100002266523736&type=3

https://www.facebook.com/tosihihide/media_set?set=a.135704363181780.36315.100002266523736&type=3
got out of control.

The face of many people occurred.

"Why don't you contact them?"
Though I was said,
It was not able to be said without means to help
from the 580km far away place
"Are you all right?".

It's sophism.

I was actually scared.

I thought that if they died for some reason or
I should do what if called for help acutely by them.

Probably,
Because it was clear to recognize my helplessness.

Yet from today three years ago on this day,

just
Pray silently,
Confess,
Sorry.

Though I know it's too late but want to ask you.

What can I do for you ?


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

キズ(Scar)

2DSCN0055.jpg

バンパーが酷く窪んでいる。
コストコの駐車場でポールに当てたらしい。
車はあまり好きでは無いので平気。

そんななので
よく見ると、ボディの彼方此方に大小の傷が無数。

キズは嫌いでは無いので、

遠目に見ると、マットな光沢が愛おしい。
新車のハレーション起こす光沢よりも愛おしい。

ヒトの場合、
表面についた傷は治癒するが、
中に負ったキズは消え難い。

キズが愛おしいので、

君の中の
瘡蓋が剥がれぬよう押さえてあげよう。
キズ痕が痛まぬよう撫でてあげよう。

君の中で
涙も
血も
止まぬなら

俺が飲んでやる。

 

「あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう。
 気にすることなく、正直で誠実であり続けなさい。」

 by マザー・テレサ

 

The bumper is terribly dented.
I heard she put it against the pole at parking of COSTCO.
Because I'm not a enthusiast of car,it is entirely okay.

Because I go on like this,
There are many big and small scars on the body innumerably
when I look well.

Because I don't dislike the scar,

I love the luster that is mat very much when I look in a long distance.
I love it than the luster to raise halation of the new car.

In the case of a human being,
The surface scar heals,
but the scar that suffered inside is hard to go out.

Because I love scars very much,

I will attach my hand so that a scab in you does not come off.
I will caress it so that your scar does not ache.

If neither the tears nor the blood stops in you,
I drink it off.

 

"Your honesty and faithfulness will injure you.
 Continue being honesty and faithful without minding it."

 by Mother Teresa


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

2月(February)

2DSCN0012.jpg

ただ生きることが全ての
植物や動物は尊い。

因って、
総理大臣やお金持ちは
とても可哀そうなのだ。

が、
植物にも動物にも、
総理大臣やお金持ちにすら為れぬ
おまえは一番可哀そうなのだ。

と、
自転車で切る
冷たき風に諭される。

色の無い空の下。

2月。

 

「なぜ私は好んで自然と交わるかというと、
 自然は常に正しく、誤りはもっぱら私のほうにあるからだ。」

 by ゲーテ

 

Plants and animals just living at all are holy.

Thus,
Presidents and a rich men are poor.

but
most poor is you who can't become
plants or animals,even presidents and a rich men.

I'm persuaded for cold wind to cut off by bicycle.

Bottom of the empty sky without the color

In February.

 

" When it is said why I commune with nature willingly,
 nature is always right,taking the wrong is in me entirely."

 by Johann Wolfgang von Goethe


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:blog

コトバトココロ(Words and Heart)

2IMGP2581.jpg

孤島に凍え(コトウニコゴエ)
鼓動が屈み(コドウガココミ)
孤独は凝る(コドクワコゴル)
異なる五言(コトナルゴゴン)
誤答と孤高(ゴトウトココウ)
事欠く語根(コトカクゴコン)
寿がん後光(コトガンゴコウ)
 

などと、
ココロにも無きコトバ、
ココより出でて
コトバ無く、

コトバトココロリンクせぬ。
コトバトココロココに泣く。

 

「正しい答えが人生のすべてじゃないでしょう?」

 by チャーリー・ブラウン

 

Numb on a solitary island.
Beating stoops down.
Loneliness deposits.
Different five words poems.
Erroneous answer and vulgarity.
Root of a word to lack.
Aureole to congratulate.

And so on,
The words that my heart doesn't have either
go out of here and get rid of words.

Because my words and a heart don't link,
Words and Heart cry here.

 

"Is a right answer not all of lives?"

 by Charlie Brown


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

Fool on the Roof

2DSCN0031.jpg

いつも此処から眺めている。

罵り合う街、
彷徨う希望、
埋まる心、
煤けた夢、
捜す人、
続く道。

どうやら其処からは
此処が見えぬ様なので
多少、悲しくもあり、
多少、嬉しくもある。

いつも此処から眺めている。

ただ眺めている。
何故なら、
大切な事を伝えようと
声を張り上げたところで、
其処には届かないから。

傘が無いので、
黒い雨に濡れると
気が滅入るのだが、

いつも此処から眺めている。

空ばかり眺めている。
君に教えてもらった歌、
口遊みながら。

屋根の上でね。

 

「苦しむために正気になるくらいばかなことはありません。」

 by 菊池寛(「屋上の狂人」より)

 

I always look from here.

Big city which people curse each others,
wandering hopes,
buried hearts,
sooty dreams,
men who looks for,
road which spreads out.

Somehow,
because it can't be seem  here from there,
A little sad,
A little glad.

I always look from here.

Just looking from here.
Because It dosen't arrive there,
if I raised a voice to convey an important thing.

Because I don't have an umbrella,
When I get wet with black rain
I am depressed.

I always look from here.

I look at only the sky.
While humming the song which had you tell me.

On the roof.

 

"It is too stupid becoming sane to suffer."

 by Kan Kikuchi (from "Okujyou no kyoujin")


nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:blog

犬(Dog)

2DSCN0188.jpg

鎖ぶち切ったった。

頸振り倒した。
(ハードコアギグのヘッドバンギング並みにね。)

力の限り引っ張り倒した。
(子供の綱引きに参加したイカレ親爺並みにね。)

じゆう。自由。Freedom。

奴(犬)といつでも遊べる。
あの娘(犬)といつでも逢える。

御飯?

余裕。鼻が利くねん。
ほら、道の向こう、ゴミ箱ん中にフライドチキン。

頂きまーす。

げっ!

嘘ーん!?

撥ねられたがな、10tダンプに。

なんで儂、尻尾振ってんねん…

羽生えた子らが引っぱるやん。
わしゃ、パトラッシュか!?

これがほんまの犬死に。
言うてる場合か…

あかん、尻尾止まってきた…

もう、奴(犬)と…
もう、あの娘(犬)と…

こんな事なるんやったら…

いっそ、鎖…
 
…………

……

 

「実際にどう生きたかということは大した問題ではないのです。
 大切なのは、どんな人生を夢見たかということだけ。
 なぜって、夢はその人が死んだ後もいき続けるのですから。」

 by ココ・シャネル

 

I chopped a chain.

I kept waving my neck.
(Like the headbanging of the hard core gig)

I kept pulling out a limit of my power.
(Like the stupid father who participated in the tug of war of the child)

Free. Liberty. Freedom.

I can play with the guy (dog) anytime.
I can meet my dear (dog) anytime.

Meal?

No problem.
I have a keen nose.

Look, it's fried chicken in a trash box the other side of the road.
Thanks, I'm going to enjoy eating it.

What the heck!

It's kidding, right?

I was hit in a 10t dump.

Why will I wag my tail?

The children whom have feathers pull me.
Am I Patrasche (in "A Dog of Flanders")!?

This is real death for nought.
How corny…

Oh god, my tail is stopping…

Anymore,cannot with the guy (dog)…
Anymore,cannot with my dear (dog)…

If this happens…

rather…

chain…

…………

……

.

 

"It's not really a big problem how you lived.
 It's only  important what kind of life you dream.
 Because the dream continues reaching after you died."

 by Coco Chanel


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。